ACORNのホームへ

NEWS ー 新刊のご案内 ー

Home >  Works > News    Last Updated   15/02/04

発売予定を含む新刊のご案内です。
既刊の書籍と作品簿のデータベースは、→右のMENUからご覧ください。
  はBL、  はライトノベルです。
※電子書籍の定価は紙の書籍とは異なります。

new

貴族デザイナーの華麗な事件簿 /2

タイトル / 貴族デザイナーの華麗な事件簿2
 -ロンドンの嵐-

出版社 / KADOKAWA 富士見L文庫

発売日 / 15/02/20

定価  / 620円(税抜き)  [文庫] [電子書籍]

イラスト/ 片桐いくみさん

収録作 / ロンドンの嵐

概要
19世紀末のロンドン、7月──
テムズ川でボート遊びに興じる風景が見かけられる夏本番だが、季節を先取りするファッション業界は秋冬物の準備に入っている。仕立て屋ジェレミーの店でも、常連客が冬物の試着をしていた。
その常連客はレストランの支配人で、彼の店の前で演奏する手回しオルガン弾きを、客の命を救った恩人だという。ただし身元は一切不明で謎だらけだ。興味を持った貴族にしてデザイナーのエドガーがまたしても探偵ごっこに乗り出す。
その矢先、手回しオルガン弾きは警察に連行されてしまう。浮浪者が連続して毒殺されている事件の容疑者だという。しかし、手回しオルガン弾きは警察でも黙秘を続けている。困ったヤードのトレイシー警部が、彼の所持していた一枚の布をジェレミーの店に持ち込む。ジェレミーはそれが特別な防水生地だと見抜くのだが──?

貴族デザイナーの華麗な事件簿 /1

タイトル / 貴族デザイナーの華麗な事件簿1
 -ロンドンの魔女-

出版社 / KADOKAWA 富士見L文庫

発売日 / 14/06/20

定価  / 560円(税抜き)  [文庫] [電子書籍]

イラスト/ 片桐いくみさん

収録作 / ロンドンの魔女

概要
19世紀末のロンドン──繁華街に小さいながらも老舗の仕立て屋がある。
若き店主は四代目のジェレミー・テイラー。お針子も雇わず、ミシンも使わず、一人こつこつと手縫いで仕立てる実直な職人肌だ。
入り浸っているデザイナー、エドガーは実は北方の名門貴族ノースブルック伯爵家の四男で、多趣味かつ恋多き男だが、十年後を予測したがる先見の明の持ち主だ。
ある日、貿易商の客から最近雇ったメイドが「17世紀に魔女狩りの裁判で殺されそうになった」と不思議な主張をしていると聞かされる。
おりしも、ロンドンでは男が突然発火し、焼死するという不思議な連続殺人事件が続いていた。
興味を持ったエドガーが探偵ごっこに乗り出すのだが──?
ちょっと風変わりな服飾ミステリーの新シリーズです。