■ オタクな話★パソコン関連編2★

最終更新日00/11/22

オタクな話TOP

HOME


●複数のメールアドレス利用法

(DIARY 2000-10-06)

複数のプロバイダをご利用になって、メールのアドレスもたくさん持ってる、というかたもいらっしゃいますよね。
で、いわゆる「WEBメール」(hotmailやyahooメールとかの無料メール)は、ブラウザで読めるのでいいのですが、プロバイダからもらったメールアドレスが複数ある場合は、どうするか?という話になりますよね。
で、この場合には、いくつかの方法があります。

【1】プロバイダのメール転送サービスを利用する。
 プロバイダによって無料のところと有料のところがありますが、他のメールアドレスにメールを自動的に転送してくれるサービ
スがあります。
 で、これを利用して、ひとつのメールアドレスにメールをまとめてしまえば、いっぺんで読めるわけです。

【2】webメールのpopメールサービスを利用する。
 popメールというのは、要するに、普通の、プロバイダからもらったメールアドレスを利用したメールのことです。
 で、hotmailなどには便利なサービスがありまして、何ヶ所かのメールアドレスとpopメールサーバ、パスワードを登録すれば、
そこに届いているメールを全部、受信できるんですね。
 なので、私は、現在、ほとんどメールソフトを利用してません。
 ネスケでhotmailにアクセスして、hotmail宛のメールも、biglobe宛のメールも、Interq宛のメールも、asahi-net宛のメールも全部いっぺんに受信して、ネスケで読んでます。
(ただし、ポストペットなどの特殊なメールをご利用のかたはご注意ください。
 WEBメールでは未対応なので、ペットが一日ほど行方不明?になってしまいます)

【3】メールソフトの「アカウント設定」をうまく利用する。
 Outlook Expressを例にとりますが、たいていのメールソフトは、複数のメールアカウント(アドレス)を登録できるようになってます。
 で、この「アカウントの設定」で、「接続」を「使用可能な接続」にしておくと、他のプロバイダを利用してネットしていても、メールを受信できます。(一部、できないプロバイダもありますが)
 通常のメールは、POP3メールサーバという一種の受信箱に溜まるのですが、そのサーバにアクセスするために、同じプロバ
イダから接続している必要はないんですね。
 要するにメールのIDとパスワードしかチェックしないので。
 なので、BIGLOBEで接続して、SO-NET宛てのメールを受信する、なんてことも可能なわけです。(昨年まで、私はこれを年中やってました)
 逆に、この「アカウントの設定」の「接続」を、それぞれ律儀にそのプロバイダにしちゃうと、そのたびにメールソフトがネットの接続先を切り替える必要があると判断してしまって、ダイヤルアップの接続をいったん切って、また別のプロバイダに接続して、なんて面倒なことになってしまうわけです。

以上はあくまでも、受信の方法ですが、【3】の方法では、送信も可能です。
といっても、送信に関しては、@NIFTYのように、外部のプロバイダから接続しているときは、送信前にいったん受信(メールチェック)をして、10分間の間だけ、送信ができる、なんて制限があるとこともありますけど、とにかくメールを利用するのに、接続しているプロバイダは、ほとんど関係ない、ということだけ覚えておくと、いろいろ手間が省けます。
このあたりは、ご利用のプロバイダの説明を読んでみるといいと思います。

▲オタクな話TOPへ戻る

●メールの引越 (OE4からOE5への引越)

(DIARY 2000-11-20)

メールソフト(Outlook Express)をただバージョンアップしたい場合は、上書きインストールするだけで、メッセージも自動的に新バージョンに対応した形式に変換されることが多いです。
でも、パソコンの引越などで、メールのメッセージも引越したい、というかたがいるかと思います。
で、古いパソコンと新しいパソコンのメールソフト(Outlook Express)などが、
同じならいいのですが、事情があって、古いほうがOE4で新しいほうがOE5なんて場合もありますよね。
その場合の引越の手順を書いておきますね。
OE4からOE5へのメッセージの引越は、「インポート」という方法でできますが、
ちょっとコツがいりますので。

【古いパソコン側 OE4】
1.メッセージ データが保存されている場所(フォルダ)を確認します。
 たいていは、「c:\windows\application data\microsoft\outlook express\mail」ですが、
 見つからない場合は、次のようにして検索してみてください。
  a.[スタート] ボタンをクリックして、[検索] - [ファイルやフォルダ] をクリックして検索画面を開きます。
  b.[名前] ボックスに *.mbx と入力し、[探す場所] ボックスで [ローカル ハード ドライブ] を指定して、[検索開始] ボタンを押します。
  c.検索結果として "受信トレイ.mbx" など拡張子が 「MBX」 のファイルが見つかったら、それらのファイルが保存されているフォルダを確認します。

2.マイ コンピュータまたはエクスプローラを開いて、一時作業用フォルダを作成します。ここでは、C ドライブの下に「abc」 というフォルダを作成したとして説明を続けます。

3. 2で作成した「abc」フォルダの下に、MAIL というフォルダを作成します。"MAIL" という名前は、大文字・小文
字は関係ありませんが、半角でなければいけません。
例では C:\abc\MAIL というフォルダができたことになります。

4. 3で作成した MAIL フォルダに、メッセージ データがあるファイルをコピーします。
  ※"受信トレイ.idx" と "受信トレイ.mbx" というように、同じファイル名で拡張子が IDX と MBX のものが対に
なって保存されているので、両方のファイルをコピーします。
  *.MBX と*.IDX の両方コピーする必要があります。
  *.IDX ファイルがないと、メッセージは不完全になってしまいます。

5 できあがったc:\abc\mailを、新しいパソコンにコピーします。
  フロッピーなどを使うといいですがメールがたくさんある場合はフロッピーには入りきらないと思います。
  その場合は、
 何回かにわけてコピーするとか、
 ↓から「みやぶん太【ファイル分割・連結】」をダウンロードしてきて、
 http://www.bea.hi-ho.ne.jp/marbo/
 ファイルを分割してフロッピーにコピーしましょう。
 とにかく、新しいパソコン側にも、古いほうの、 c:\abc\mailと同じファイルができればいいわけです。

さて、では引越です。
【新しいパソコン OE5】
新しいパソコンにも、c:\abc\mail(古いパソコンと同じ状態)ができていることを確認してから、下の作業に入ります。

1.Outlook Express 5 を起動します。

2.メニューから [ファイル] → [インポート] → [メッセージ] を選びます。

3.Outlook Express インポート ウィザードが開始されますので、インポートする電子メールクライアントの選択で
"Microsoft Outlook Express 4" を選択し、[次へ] をクリックします。

4.メッセージが保存されている場所を聞いてきますので、[参照] ボタンをクリックしてメッセージのパスを指定
し、[次へ]をクリックします。

注意: パスを指定する際は、直接 "MAIL" フォルダを指定するのではなく、"MAIL"
   フォルダの 1 つ上の階層 (フォルダ) を指定してください。
   上の例では、実際のメッセージ データは C:\abc\MAILに保存されていますが、ここでは C:\abc を指   定することになります。(←重要!)

5.[フォルダの選択] 画面で、インポートするフォルダを指定します。
すべてのフォルダの中にあるメッセージをインポートする場合は [すべてのフォルダ] を選択し、[完了] ボタンを押すとメッセージがインポートされます。
インポートするフォルダを選択する場合は、一覧からメッセージのインポートをしたいフォルダをクリックし、[完了] ボタンを押します。
複数のフォルダがあるときは、[CTRL] キーを押しながらクリックしていけば、複数のフォルダを選択するこ ができます。

6.メッセージがインポートされ、[完了] ボタンをクリックすればインポート完了です

あと、アドレス帳のお引越ですが、
アドレス帳は、OE4,OE5も
「c:\windows\application data\microsoft\address book\ユーザ名.web」
というフォルダに入ってます。
メッセージと同じ手順でインポートできます。

▲オタクな話TOPに戻る

Copyright © 1999-2002 MASATO KASHIWAE All Rights Reserved.