−1− 「厄介な連中」特別番外編「VSOP」

 ¬ し 能 の   ¬ ば そ   っ ¬ 右 っ   か は   い ¬ は に   洋 り   見 ま      
 こ て に も ち 待 し 中 停 て 締 手 た 退 る 宮 一 よ お と  `が 館 と さ え ば 武 東  
 う い な の ら て て 毒 電 き め に 闇 廃 だ 城 階 な か も 洋 | の し き な ら 蔵 京  
 な る る は り よ く に だ た 切 握 し 的 ろ 篤 の  し ら 館 | 灯 た ほ い な 野 都  
 っ か か 通 と  `れ な と ら り っ か な う 史 テ   い な の い は ミ ど  °街 の 下  
 た ら も じ 希 停 は っ 事  `前 た 見 美 が で ラ   な か 影 ま  `ル 秋   灯 原 |  
 ら  `し る 望 電 し た 情 ど だ ペ え 貌  `あ ス   : っ だ  `お ク 時   の 生 |  
  `数 れ の の の な 漢 を う っ ン な を ご る 窓   : た け そ ぼ 色 雨   み 林    
 懐 時 な で よ 場 い 方 説 し て を い 彩 近  °か    ° °が の ろ の が   で に    
 中 間 い あ う 合 だ 胃 明 よ の な  °る 所 近 ら   街   黒 茜 な 霧 通   あ 囲    
 電 は が る な  `ろ 腸 し う に が   長 に 隣 闇   灯   く 色 茜 が り   っ ま    
 灯 使  ` °も 電 う 薬 て ? : め   い 住 に に   は   浮 が 色 た 抜   た れ    
 を え コ 電 の 話  °の も  :  `  ま む 他 眼   つ   か  `で ち け    °た    
 頼 る | 話 が は   服  `  困 篤   つ の の を   い   び な  `こ て   厚 広    
 り だ ド 機 脳 ど   用 締   っ 史   げ は 住 こ   て   上 ん ち め い   い 大    
 に ろ レ に 裏 う   量 め   た は   を  `宅 ら   る   が の ら て っ   雲 な    
 す う ス 付 を な   が 切   な 溜   し 墓 で し   か   り 前 ち い た   に 霊    
 る  °電 属 か る   増 り   あ 息   ば 場 も な   ら    `触 ら る た   お 園    
 し   話 し す の   え 前    °を   た の あ が    `  数 れ と  °め   お を    
 か   の て め か   こ の   薄 つ   い 住 れ ら   こ   分 も 揺 小 か   わ 照    
 な   子 い た な   そ 薄   井 く   て 人 ば  `  こ   が な れ 道  `  れ ら    
 い   機 る が :   す 井   さ の   も の  `途   ら   経 く て を 墓   た す    
 か   は 多  `:   れ 編   ん だ    `み も 方   一   過 消 い は 石   空 の    
 な    `機 停     `集   か っ   ミ だ っ に   帯   し え た さ の   に は    
 :   た 能 電     締 者   ら た   ル  °と 暮   の   て た  °ん 群   は  `   
 :   っ は で     め は   電  °  ク   く れ   停   も  °  だ に    `そ    
    ぷ 使 も     切  `  話     色   わ て   電   茜 濃   隣 は   月 の    
     り 用 電     り そ   が     に   し い   じ   色 霧   に  `  も 夜    
     充 不 話     を れ   か     染   く た   ゃ   の の   あ と   星 も    
     電 可 そ     延 こ   か     ま   わ の   な   灯 中   る ろ   も  `   
                                                            

−2−

   ¬ ¬ ¬ て ¬ の こ   ¬ て こ   ¬ 燭   ¬ 気 い |   ¬ は   ¬ な ま ラ の  
 締 今 そ 明 く 漏 回 の 蝋 考  `の 許 あ と 背 驚 味 の も お ブ ず 人 : が で ス 屋 だ
 め 夜 ん 日 れ 電 線 屋 燭 え 普 屋 容 の は 筋 か だ に と ぼ レ れ 魂 : ら そ ト 敷 が
 切 の な の な っ が 敷 に ら 通 敷 電 :  °に す  ° `い ろ | の の !  `れ レ の  `
 り ぶ : 朝 い て シ も 照 れ な に 力 : こ 冷 な   古  `な カ 幽 よ  夜 ら | 主 そ
 ぎ ん : ま だ : ョ 老 ら る ら は 以 ブ の や よ   め 遼 炎 | 霊 う   霧 し タ で の
 り は だ で ろ : | 朽 さ 可 ブ  `上 レ 屋 汗 :   か 一 と が か な   に き | あ 懐
 ぎ 明 っ 待 う そ ト 化 れ 能 レ エ の | 敷 を :   し 郎 と 落 | 炎   か も 兼 る 中
 り 日 て つ し ん し が た 性 | ア 電 カ に か    い の も ち | が   す の  `マ 電
 に 描  `ん : な た は 不 と カ コ 気 | は き     銀 端 に た   宙   む を 愛 イ 灯
 描 く 締 だ : | の な 気 し | ン を が 懐 な     の 麗  `ま   を   闇 見 人 ナ が
 い ん め な  | か は 味 て を は 使 落 中 が     燭 な 闇 ま   す   の た 兼 |  `
 て だ 切    困 も だ な は 上 も え ち 電 ら     台 横 に  `  べ   居 記  `な は
 い な り     る し し 顔  `げ ち ば た 灯  `    を 顔 浮 ど   る   間 憶 居 ミ た
 る  は     よ れ い で 漏 れ ろ  `ま の 篤     片 で か う   よ   を が 候 ス し
 の   明      °ん か  `電 ば ん ブ ま た 史     手 あ び や   う   ふ な に テ て
 は   後     こ  ら 遼 だ  `の レ っ ぐ は     に る 上 っ   に   り い な リ こ
  `  日     の   な 一 な 停 こ | て い 胸     立  °が て   飛   か 篤 っ | の
 例   だ     時    °郎  電 と カ ? は を     っ 端 っ も   ん   え 史 て 作 屋
 に   よ     間   さ が   も T |  な な     て 麗 た 上   で   っ が 一 家 敷
 よ   ?     じ   き そ   お V が   い で     い す の が   き   た  `年  `に
 っ        ゃ   ほ っ   さ さ 落   の お     る ぎ は ら   た   と ふ 以 遠 あ
 て         東   ど け   ま え ち   だ ろ     姿 て ド ん   の   き た 上 野 る
 遼         京   の な   る な る   ろ す     は  `ラ    だ   で た が 遼 の
 一         電   雨 く   は い こ   う  °     `た キ      °  あ び 経 一 か
 郎         力   で 答   ず の と   か し     な だ ュ     ま   る 途 つ 郎 ど
 の         だ    `え   だ だ も    °か     お で ラ     さ    °方 が の う
 原         っ   ど た   が  °あ     し     さ さ 伯     か     に  `専 か
 稿         て   こ  °  | ま る      `    ら え 爵     季     暮 い 属  °
 が         来   か ¬   | し が     蝋     不 怖 |     節     れ ま イ こ
                          `                                 

−3−

 は   燭 か 指   ¬ ら ず 激   ¬ ¬ 耳   ¬ い い 変   ¬ く テ   ¬ ¬ ¬ し 薄 遅
 っ 懐 の す が 低 残 れ だ 痛 左 当 ほ 元 ソ あ が う 態 不 あ り | 篤 : 蝋 : た い れ
 き 中 炎 む 侵 い 念 た が が 手 た う に フ の : 新 サ 吉 の あ ブ 史 : 燭 :  °唇 た
 り 電 を 闇 入 さ だ ら  `走 首 り ? 息 ァ  `: 手 ド な : げ ル が 古 の あ   を か
 と 灯 ど だ し さ な  `そ っ の 前   を に 俺  °の ∧ 想 : た ら 首 典 灯 の   ゆ ら
  `と こ け て や  °だ れ た 包 だ と 吹 倒  `  も マ 像 遼  °し を 的 り :   が な
 蝋 は か だ き き 火 れ で  °帯 ろ い き さ 火   の ゾ が 一 続 い か っ だ :   め の
 の 比 に  °た 声 葬 だ も 最 を ? う か れ 傷   が ∨ 脳 郎 い ∨ し て け 遼   て に
 と 較 感 い  °と の っ 痛 後 強   こ け な す   登 が 裏  `て に げ  `| 一   笑 |
 け に じ い 思 同 手 て い の く そ と な が る   場  `を 古 長 置 る な | 郎   う |
 る な る か わ 時 間 痛  °抜 握 れ は が ら の   し い か 典 い く 間 に と ?   と ま
 匂 ら か げ ず に が い た 糸 ら と  `ら 口 だ   た ま け 的 指 と も が い     `る
 い な ら ん 吐  `省 だ と は れ  `焼 さ 走 け   の ま め っ が  `な ? う     篤 で
 が い か 闇 息 ジ け ろ え 済  `餓 身 さ る は   だ た ぐ て  `素 く  の     史 他
 す ほ  °に を | た う 傷 ん 過 死 自 や と 厭    °始 っ : ベ 早  `  も     の 人
 る ど   眼 も ン の  °痕 だ 去 す 殺 い  `だ   た ま て : ル い 遼    `    肩 事
  °弱   が ら ズ に   が か 二 る だ た 遼 か   だ ろ も ま ト 手 一   古     を の
 ど く   慣 し の    な ら 十 ほ け  °一 ら   の う 無 さ を つ 郎   典     抱 よ
 こ 小   れ  `ジ     く  `一 ど は   郎 ね   灯 と 理 か は き は   的     き う
 か さ   て の ッ     て 傷 回 の し   は っ   り し は : ず で 燭   で     寄 に
 懐 な   も け パ     も 口 に 勇 た   そ !   の て な : す 篤 台   お     せ 冷
 か 光   い ぞ |      `が 及 気 く   の    役 い い   °史 を   も     て た
 し 源   い っ が     こ 開 ぶ も な   声     目 る  °    の ど   し      `く
 く |   は た 降     れ く 自 な い   を     な 現 夜     ト こ   ろ     蝋 答
  `|   ず 視 ろ     ほ こ 殺 : ら   唇     ら 状 ご     レ か   い     燭 え
 い け   な 界 さ     ど と 未 : し   で     ば に と     | ∧   か     の た
 っ れ   の に れ     の は 遂 痛 い   ふ      ` `夜     ナ ど   も     炎 遼
 ぽ ど   に は て     力 な の っ な   さ     ま 蝋 ご     | う   し     を 一
 う も    `霧 長     で い 痕 !    ぎ     だ 燭 と     を や   れ     か 郎
 で  `  蝋 に い     握 は に       `    い と の     ま ら   ん     ざ は
  `                                                        `

−4−

 ¬ う   て   ら 笑   ¬ ¬ く 色   の 眼   う の の   承   ¬ ¬ ¬ 焦   ¬ の 背
 バ か 本 は 遼 け い 長 た よ 似 が 眼 あ を 篤 な 芯 鳴 荒 知 頼 変 ワ こ ら ま お 快 筋
 : ? 気 い 一 だ  `い し せ 合 高 を た 閉 史 淫 が き い し ん 態 ン の す る も 感 が
 カ   だ な 郎 か 次 人 か  `う い 開 り じ の 靡 燃 声 呼 て だ サ パ : よ で し を 寒
 !   ろ か の ら に 差 に 変 | 鼻 け が て 下 な え か 吸 い と ド タ : う 動 ろ さ く
     う っ 薄  `篤 し  `態 | 筋 る 温 唇 肢 気 る  °音 る こ は | 変 な 物 い ら な
 よ   か た い か 史 指 こ サ い に と か を に 配 き そ の の ろ  `ン 態 途 実  °に る
 せ   ?  °唇 ま の で の ド や 濃  `く 噛 も が な れ あ だ で 変 の サ 切 験 鳥 刺 よ
 っ       は わ 左 篤 傷 !  `い 蝋 な み 熱 空 臭 と い が  `態 台 ド れ を 肌 激 う
 た   本   皮 ん 手 史 ひ   そ 影 燭 っ し が 気 さ も ま  `遼 サ 詞 ! 途 観 が す な
 ら   気   肉 だ 首 の と 蝋 ん を の て め こ を が  `に 肌 一 ド だ  切 察 立 る 怪
 !   で   な ろ を 胸 つ が な 映 炎  ` `も ね 混 蝋  `の 郎 だ な   れ す っ  °奇
    左   笑 う 取 を な 垂 問 し に 同 身 っ っ じ の じ 震 が ろ    の る て   さ
     手   み ? っ 撫 い れ 題 て 照 時 を た と っ と じ え 焦 ?     動 か い   も
     首   を  た で 肌 る じ  `ら に よ ま り て け じ が ら       き の る   感
     に   た    °た に だ ゃ 吸 さ 明 じ ま と  `る : ど す :     に よ な   じ
     熱   た   ¬ 遼 火 ろ な 血 れ る っ で 粘 見 音 : う の :     な う    る
     い   え   こ 一 傷 ? い 鬼 た さ て  `つ え か と に を ね     っ な     匂
     蝋   て   の 郎 を  ! と 遼 を こ 寄 か な  ° `も や え     た 声     い
     を   い   手 は つ     蝋 一 感 ら せ せ い と か 止 め  `     °で     が
     し   た   首  `く     燭 郎 じ え て て 視 け す ま て 頼       笑      `
     た   が   な 切 る     の の た て は い 界 た か ら く む       っ     嗅
     た    `  ら れ の     取 顔  °い 引 る の 蝋 に な れ よ       た     覚
     ら   鋭    `長 は     り が   る い  °闇 の 聞 い る        遼     と
     す   い   も の 忍     合 あ   と て   に 匂 こ の は         一     同
     つ   眼   と 眼 び     わ っ    `ゆ   は い え だ ず         郎     時
     も   は   も を な     せ た   ふ く    `に る  °は         の     に
     り    `  と 細 い     は  °  い 快   蜜  `の   な         指     下
     だ   笑   傷 め       `炎   に 感   の 蝋 は   い         が     半
     ろ   っ   だ て       よ の   頬 に   よ 燭 虫   と          `    身
                                `                           

−5−

 に い   た   ¬ た 息   ¬ は も       た   ま   の な る   は   ¬   ろ 炎  
 手 ほ コ の 精 : ん が 耳 な 闇 の ふ 篤 次  °と っ 篤 篤 に の 包 抵 く こ 左 っ の 思
 が ど ッ は 一 :  `か 元 か 一 が っ 史 だ    `て 史 史 を だ 帯 抗 や の 手 た 先 わ
 伸 だ ト  `杯 こ 唇 か で な 色 触 と が |   つ る は 自 嘆  °の を し 変 首 ら 端 ず
 び  °ン 素  `の を り 笑 か だ れ  `息 |   い  °眼 身 く 醜 下 あ ま 態 が ! が 叫
 て け シ 肌 怒 変 ふ  `う の  °た 炎 を !   に   を で こ く に き ぎ サ 熱    `び
  `れ ャ に っ 態 さ 闇 声 ス   よ の ひ     結   閉 は と て は ら れ ド い な い  `
 手 ど ツ 遼 た サ が の が リ   う 消 そ     び   じ な が 汚  `め に :  °ん ま 必
 さ も の 一 声 ド れ 中 聞 ル   な え め     目   て い あ い 見 て ワ : 包 で に 死
 ぐ  `布 郎 を ! て に こ だ   気 る た     が    `か る 傷 る い ン  帯 も も に
 り 篤 地 の 出   い  `え っ   が 音 と     焼   身 | ? 痕 も た パ   の す 包 逃
 で 史 越 体 そ 脅 た か  `た   し が き     き   構 |   に 無  °タ   焦 る 帯 げ
 シ の し 温 う か  °す 首 ろ   た し で     切   え   だ  `惨   |   げ か の よ
 ャ 震 で を と す   か を う    °て あ     ら   た   い い な   ン   る ら 結 う
 ツ え  `感 し な   に 力 ?   お  `る     れ    °  い ま 無   の   匂 : び と
 の は 蝋 じ た よ   遼 強    そ 左  °    た   熱   ち さ 数   罵   い : 目 し
 ボ い 燭 た の :   一 い     る 手       の   い    `ら の   倒   が  に た
 タ つ の か に :   郎 腕     お 首       か   だ   手 火 傷   を   す   触 が
 ン し 炎 ら  `   の に     そ の        `  ろ   首 傷 痕   く   る   れ  `
 を か の だ 甘     顔 支     る 傷       包   う   を の が   り    °  よ 左
 は 止 熱 ろ い     が え     眼 痕       帯   か   切 ひ 皮   か       う 手
 ず ま さ う 響     見 ら     を に       が   ?   っ と 膚   え       と 首
 す っ に か き     え れ     あ  `      ゆ       た つ を   し       し を
 と て 較  °に     た て     け な       る   い   の が ひ   な       て 握
  `い べ   な     か い     た に       ん   や   は 加 き   が       い っ
 闇 た れ   っ     と た     が か       だ    `  自 わ つ   ら       る た
 に  °ば   て     思  °     `柔       感   熱   殺 っ ら   も        °力
 衣 無  `  し     っ 頬     あ ら       じ   い   常 た せ    `      ¬ は
 ず 意 冷   ま     た に     た か       が   に   習 と て   篤       や 強
 れ 識 た   っ     と 吐     り い       し   決   者 て い   史       め く
                                            `               `

−6−

 ち   思 せ す ¬   空 や   こ : ¬ ¬ 職       も 雲   ど   が 時 た   ま ¬ の
 た そ え ん け そ し き 空 今 か : 冗 お 員 翌 蛇   つ が テ こ 蝋 っ に  °す ら 闇 音
 ま う な し ど り か 瓶 き 夜 の  °談 客 は 朝 足   れ 晴 ラ か 燭 た 押 が ぐ ん の が
 ま 言 い  °ね ゃ し に 缶 も 回 ほ の さ  ` `な   あ れ ス で の の し  `さ な 中 し
 の い ん で  ° ` `は を 電 線 ら わ ん 玄 遼 が   う た 窓 燃 小 だ 入 今 ま  で て
 ブ な で も 屋 雨 東  `指 気 が  `け  `関 一 ら   ふ の か え さ け っ 度 あ   |  `
 レ が す : 内 漏 京 雨 さ が シ こ な 冗 扉 郎 |   た か ら て い を て は え   | 遼
 | ら が : 用 り 電 漏 し つ ョ の い 談 の が |   つ  `夜 い 炎 感 き 焦 い   と 一
 カ プ ね こ の が 力 り な か | 玄 だ で 上 ま     の 遅 気 る な じ た ら だ   い 郎
 | ラ  °の ブ 直 の の が な ト 関 ろ 漏 に だ     影 れ に  °ど て も さ 篤   う の
 に ス そ 位 レ 接 職 水 ら い し ホ ? 電 あ 寝     だ ば 乗   比 い の れ 史   の 体
 手 テ ん 置 | ブ 員 が 素 と た |   だ る 室     け せ っ   較 た の る の   も 温
 を ィ な じ カ レ は 溜 人 困 と ル 現 な ブ で     を な て   に  °熱 こ 耳   風 が
 伸 ッ 形 ゃ | |  `ま 判 る か  `に ん レ 眠     照 が 入   な   さ と に   流 直
 ば ク 跡  `だ カ 怪 っ 断 の  よ ブ て | っ     ら ら っ   ら   に も  `  だ に
 し の も ど か | 訝 て を で   く レ 言 カ て     し の て   な    `な そ   が 触
 た 外 あ う ら に そ い 口  `  雨 | っ | い     だ 月 く   い   体 く ん    `れ
  °枠 り 見  `か う る に 篤   漏 カ ち を る     す 明 る   ほ   内  `な   お た
   を ま た 防 か に  °し 史   り | ゃ 点 間      °か 霧   ど   の 両 声   ま  °
   も せ っ 水 っ 首   て は   す が 困 検 に       り は    `  ど 脚 が   え  
   と ん て カ た を   み 廊   る 上 り し や       が  `  大   こ を 聞   の  
   に し 雨 バ と ふ   た 下   か が ま た っ        `い   き   か 抱 こ   顔  
   戻  水 | な り    °に   ら ら す の て       居 つ   な   で え え   が  
   し   が で れ  `  昨 置    `な よ ち き       間 し   炎   な 上 た   見  
   た   か 保 ば     夜 か   そ か   `た       の か   が   に げ よ   え  
   職   ぶ 護  `    の れ   の っ   こ 東       ソ 薄    `  か ら う   ん  
   員   っ さ 話     時 た   せ た   う 京       フ れ   た   が れ な   の  
   は   た れ は     雨 空   い ん   言 電       ァ て   し   燃 る 気   は  
    `  と て 別     で き   で だ   っ 力       で い   か   え と が    ` 
   落   は ま で      `瓶   ど し   た の        `た   に   上 同 し   つ  
                              °           °   `             

−7−

 の ∧       ¬ ン 朝   ¬ 井  
 真 作       あ パ 陽 当 お の 次
 似 者 ∧     の タ に 惑 客 蛍 の
 を 注 終     : | お げ さ 光 瞬
 し ∨ ∨     : ン ぼ な ん 灯 間
 た 良       変 の ろ 東 : が  `
 り い       態 罵 な 京 : つ す
 火 子       サ 詈 光 電  °い る
 遊 の       ド 雑 を 力 本 た り
 び み       め 言 投 職 当 の と
 を な       ! を げ 員 に で ブ
 し さ         繰 る の ブ あ レ
 た ん       わ り 蛍 声 レ る |
 り は       ざ 返 光 は |  °カ
 す  `      と し 灯  `カ   |
 る 危       ブ て を 篤 |   が
 の 険       レ い 見 史 が   上
 は で       | た 上 の 上   が
 や す       カ の げ 耳 が   っ
 め の       | だ な に ら   た
 ま で       を っ が 入 な   か
 し  `      落 た ら ら か   と
 ょ く       と  ° `な っ   思
 う れ       し   胸 か た   う
  °ぐ       た   の っ ん   間
   れ       な   う た で   も
   も       !   ち  °す   な
   遼          で 呆 か   く
   一            `然 ?    `
   郎           ワ と    天
                        

 ■HOME ■NOVELS

Copyright © 1999-2000 MASATO KASHIWAE All centers Reserved.
禁無断転載 柏枝真郷